金融用語

金融業界の専門用語に精通していれば、借り入れの際、業者側に付け込まれて言いいように振り回されたりしないでしょう。業者側は匠な話術で専門用語を屈指し、消費者を混乱に陥らせ、自分たちに都合のよい条件を引き出そうと策を講じてきます。こういった策に陥ってしまうと、後々大変なことになってしまいます。

消費者にとっては、自分に一番良い条件(低金利、返済が楽)で借り入れすることが第一です。逆に金融業者側にしてみれば、彼らのとって一番良い条件とは「高い金利」「確実に回収できること」になります。そういった互いの思惑が絡り合うことで、「金利」「限度額」が決められるわけですが、少しでも低い金利で借りれるよう、消費者側もある程度の金融知識を身に着けておくことが肝要かと思います。

銀行の役割

貸し手と借り手をつなぐのが吟行どんな街角にも、立派な銀行のビルが建っています。たいていの消費者にとっては、銀行はお金を預けるところです。一方企業にとっては、銀行はお金を借りるところです。

消費者は、お金が余っていてもどこに貸したらいいかよくわからないし、貸し倒れリスクのリスクを個人で背負うのは避けたいところです。他方、企業は、設備投資などのために足りないお金をどこから調達したらよいのか迷っているかもしれません。

したがって、その間に入ってお金の仲介を行う機関があると大変便利です。貸し手である消費者と借り手である企業をつなぐ機関、これが銀行です。銀行は貸し手から集めた大量のお金を、リスクを抱えながら企業に貸し出して利息を受け取ります。その利益を預金者に金利として差し出しているのです。