cap loan

キャップローンとは

キャップローンとは、変動金利制の住宅ローンや不動産担保融資のうち、仮に金利が大きく上昇しても、毎月の返済額を一定限度で打ち切るタイプのローンです。残りの不足分は別途計上しておき、次に金利低下した際に返済へ充当します。

急激な金利上昇期に借り手の生活設計が狂わないように配慮したローンともいえるでしょう。国内の変動金利制不動産担保融資の大半がこのキャップローン形式となっています。

金銭消費賃借契約

消費賃借契約とは、当事者の一方が種類、品質および数量の同じ物を似って返還を為すことを約して相手より金銭その他の物を受け取るに困りてその効力を生ずと規定されています。

つまり借りたそのもの自体は消費してしまうため、「同じ種類のものを同量返します」という約束で借りる契約を消費賃借といいます。金銭の貸し借りは、典型的な金銭賃借契約と言わずに、金銭消費賃借恵右訳と表現されます。

金融用語辞典

トップページへ