アドオン金利

アドオン方式とは

アドオン方式とは、分割返済方法の一種です。融資の元本に総利息を加え、この元利合計を返済総回数で割り、毎回の返済額を算出するやり方です。契約の形式は融資元本と総利息を足した額から利息分を契約時点で天引きします。このため、中途で消費者側が全額返済する場合、金融業者は天引き利息のうち、未経過分を消費者側に割り戻す必要があります。

当初、元本に対する利息の割合をアドオン金利と呼称します。事例で表すと、20万円を10回の均等払いで借り入れした場合の利息が4万円とすると、アドオン金利は20%となります。この場合、アドオン月利が2%、アドオン年利は24%です。アドオン月利2%の10回均等払いの場合の実質年利は41.52%となります。

利息表示は実質年利と比較するとかなり低めに見せかけた数字となるため、割賦販売法ではアドオン金利の表示は禁止され、実質年利のみの表示を義務づけられています。しかし、アドオン金利を使用していると毎月の返済額、返済利息総額などが容易に算出できるといった半面もあります。

したがって、計算にはアドオン金利を用い、金利表示には実質年利を用いることが多いようです。

実質金利

実質金利とは、実際的に支払う、あるいは受け取る金利のことです。名目的な表面金利にあわせて口座維持手数料、年会費、歩積両建または税金などを加減した実際の支出、あるいは収入となる金利です。類似語として実行金利、反対語は表面金利、名目金利となります。

金融用語辞典

トップページへ