大手消費者金融

おススメ金融情報


三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム
0
借入利率 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
審査 24時間申し込みok
支払い方法 定率リボルビング方式

クレジットカードなら三井住友カード
0 0

大手銀行系キャッシングのメリット

大手消費者金融の最大のメリットは低金利で借り入れが出来ることです。しかも最近はどこの金融業者も即日融資や、一定期間利息の付かない無利息ローンといった金融商品も打ち出しています。消費者側とすれば、どの金融会社を選ぶか悩んでしまうところでしょう。

無論、借り入れの際には審査があります。中小や小規模の消費者金融と比較すれば、審査は甘くはありません。借り入れ件数が多かったり、借り入れ総額が年収の三分の一以上もあれば、審査に通ることはまずありません。大手のローン会社が相手にするのは、優良顧客ということです。

優良顧客とは、毎月決まった額の収入があり、借金総額も少なくて毎月きちんと決められた額の支払いを履行してくれる顧客です。借り入れ件数が多かったりすれば、毎月の支払いが滞ってしまう危険性が高くなるので、そういった客は敬遠されます。

無利息ローンの活用

消費者金融や信販会社といった貸金業者でキャッシングをすれば、必ず金利が発生します。金利は通常日割り計算によって加算されますが、大手の消費者金融では借入れから1週間、あるいは30日間、90日間といった無利息期間を提供している金融会社も存在します。

無利息期間が適用されるのは、初回借入れ時のみという商品や、何度借りても無利息といった金融商品もあります。

また、キャッシングサービスの利息は、通常の場合日割り計算のため毎日利息は増えていきます。この利息は返済時には元金と合わせて必ず支払わなくてはなりません。しかし無利息期間においてはこの利息が発生しません。上手に活用すればこれほど便利なキャッシングはないでしょう。

返済方法一覧

実質年率方式
元金の借り入れ残高へ実際の金利をプラスして返済する方法。毎回、返済する金額は異なるがが確実な返済方法。

元利均等返済
返済する元金と利息を毎月、一定の金額に設定して返済をする方式。毎月の返済額は同額だが、最初に内は利息のみ返している感覚で、元金は減らない。

元金均等払い
名称のとおり元金を一定額毎月返していく方式。最初の負担が大きいのデメリットだが、後の返済が楽になる。

リボルビング方式
消費者金融会社との契約で毎月決められた金額を返済する方式。ただ、返済中でもある程度返済が進行していけば、更に借り入れができる。
また、リボルビング方式(通常リボ払い)には以下のパターンがあります。

元金定額リボルビング方式
毎月一定の元金と、借り入れ残高に対する金利を返済していく方式。

元利定額リボルビング方式
元金と借り入れ残高に対する金利を毎月一定の額返済していく方式。

元金定率リボルビング方式
元金に対し決められた定率の金額と借り入れ残高に対する金利を返済していく方式。

残高スライドリボルビング方式
元金の残高で返済する額の一定額が変動するタイプがリボルビング方式。この返済方式も各キャッシング会社により異なりますので、借入前に調べておきましょう。

各方式のまとめ
一定額払いの場合、借入の大小にかかわらず、返済額が一定であるため借入残高が高額になると、一向に元金が減らず、返済が覚束無いというデメリットがあります。

一方で定率方式の場合は借入残額が小額になっても一定の割合でしか返済できないため、元金が減るにつれ返済額も減少するため、これも返済が覚束無い。
残高スライド方式では定額払いと定率払いのメリットとデメリットを複合することで、両方式のデメリットをカバーしていると言えるでしょう。


最終更新日 2016/9/5

キャッシングの基礎知識