金融

支払い計画

まずお金を借りる前に支払うべき金利の計算をしておく必要があります。それによって精密な支払い計画が立案できるからです。

支払い計画もなしにお金を借りることは、地図もなしに船を走らせているようなもので、いつまで経っても目的地には到着できません。お金を借りることも同じことで、借りたお金を完済するためには、きちんとした金利計算の上で支払い計画をシミュレーションしておくことが重要です。

借入先の広告、あるいは契約書には必ず借入する際の金利が記されていますので、確認してみましょう。これは低ければ低いほど、返済が楽になりますので借りれる範囲の中で、なるべく金利が低い業者を選ぶことが重要です。

借りたお金を二年計画で返済するとしましょう。そうすればどのくらい金利を支払うかは、殆どの消費者には想像も出来ないはずです。大多数の人は金利の数値は分かっていても、借りた期間とそれに相当する金利の額まで知ろうとはしないものです。

もしも、そういった金利の総額を知っていれば、必要のないお金を借りようとは思わないでしょうし、借りたお金は少しでも早く返済しようと考えるはずです。それほど金利に占める割合が大きいということです。