金融

返済に困ったら

かつては消費者金融=サラキンと呼称されて、世間一般ではあまり良い印象を得られていなかった業界ですが、今では銀行系が堂々と消費者金融を名乗って営業をしている時代です。金融庁の発表によると、国民のおよそ8.5人に一人が貸金業、いわゆる消費者金融を利用しているという統計が提出されています。

クレジットカードなどのカードローンや物品購入を入れたら更にその数は増えてくると思われます。これほど世間一般に浸透した消費者金融ですが、中には何らかの事情で借り入れ金の返済に困って、支払いが遅延している人も少なくありません。

こういった支払いに対して、更に借り入れで対処するという、いわゆる自転車操業になってしまうとますます借金が膨れ上がってしまい、ついには自己破産などの債務整理に行き着いてしまうことになります。

こういった多重債務にある方は、一人で悩まず一刻も早く早めに身近な人(家族、知人)に相談すべきです。あるいは専門の弁護士、司法書士、協会等に相談するとよいでしょう。

消費者金融での借入れで一番怖いのは、その融資の簡単さから借り入れを繰り返してしまうことなのです。借入れをすることに何ら危機感を感じなくなってしまえば、レッドカードです。

0

借金を完済するには

一度多重債務に陥ってしまうと、それを完済するには至難の業です。よく芸能人が莫大な借金を抱えて、それを完済するために数十年を費やしたという話を聞きますが、それほど借金を完済するのは大変だということです。何しろ債務が増えていくと、それに対する利息だけでも大変な額になります。

おそらく債務を抱えた人の大半が、その金利のみを支払って現状維持を保っている状況だと思います。

しかし、そんな状況を繰り返していても何時まで経っても借金は減りませんし、ひと月しんどい思いをして稼いだ給料の殆どがそういった支払いに消えてしまう現状では、労働意欲も落ちてしまいます。

多重債務を解消するためには、一本の借入先を集中して支払いをして減らしていくしか方法はありません。複数の借入先へ同程度の支払いをしていては、何年経っても残高は減りませんし、それこそ利息のみを支払っていることになってしまいます。

それよりも、一本の借入先へ支払いを集中して完済を目指していくべきです。そうすれば、借入件数は確実に減っていきますし、そうなれば大手銀行系のおまとめローンの審査に通る可能性も出てきます。

おまとめローン

おまとめローンの目的は、複数の借入先を一本化して支払い効率を高めることに他ありません。したがっておまとめローンを申し込む人の大半が複数の借入がある人になります。

では、多重債務者が誰でも借りれるのかといえば、そうは簡単にはいきません。きちんと支払い能力があると見極められた人のみが利用できる金融商品です。したがって、毎月利息のみを支払い続けているような人では、到底審査に通らないのが現実なのです。

どうしてもおまとめローンを利用したいと考えるならば、前述したように借り入れ件数を一本でも減らしてスリム化して、支払い能力を向上させることです。そうすれば、信用力も回復してこのおまとめローンの審査にも通ると思います。