金融

キャッシングとは

キャッシングとは、貸金業者と消費者が金銭賃借契約を締結し、お金を借りることを意味します。通常、キャッシング業者といえば代表的なもので消費者金融、信販会社、銀行などがありますが、やはり個人融資において一番有名なのは消費者金融でしょう。

消費者金融の歴史は古く、昭和30年代には団地金融、その後高度経済成長期にはサラリーマン金融として急速に全国展開されていきました。

何よりも庶民に受け入れられたのが、無担保無保証で借りれたのが大きな要因としてあげられます。当時の個人融資といえば、動産などの担保を差し出してお金を借りるのが一般的で、特に銀行などはそういった傾向が強かったようです。

しかし、サラリーマン金融はそういった担保は不要として、融資をする個人の信用を担保として貸し出していたのです。逆に言えばそれだけ取り立てに自信があったということですが、実際、支払えなくなった人に対して厳しい取り立てを慣行して、社会問題となった経緯があります。

現在のキャッシング制度

現在のキャッシングは昭和の時代とは比較にならないほどスマートになっています。当時は借り入れをするにも店舗の窓口にまで出向いて対人審査を受ける必要がありましたが、現在ではwebサイトから簡単に申し込めるようになっています。

自宅に居ながらパソコンやスマホで申し込めば、一時間程度で審査が完了し、その日のうちに現金が振り込まれてきます。現在ではどの金融業者も即日融資制度がありますので、急なお金の入り用の際にも対応が可能です。

また、支払いについてもカードがあれば全国の銀行やコンビニのatmで対応が可能です。もっともこれは大手銀行系の消費者金融限定ですが、中堅クラスのローン会社でもネット銀行があればスマホで簡単に支払い手続きが完了します。つまり自宅から一歩も外に出ることなく支払いが完了するということです。