消費者金融ガイド

低金利キャッシング

消費者金融を上手に利用することで生活を豊かにすることができます。キャッシングをするということは、ご自身の将来所得を使うことでもあります。

消費者金融を上手に利用する

多くの貸金業者が破たんするなど、過払い金問題が貸金業者に与えた影響は少なくありません。そんな中で、現在も生き残っている消費者金融は資本力のあるしっかりとした会社だということができます。キャッシングやカードローンは、賢く使えば生活を豊かにしてくれる非常に便利なサービスです。

優良な消費者金融と長く安心した付き合いをして、生活を豊かにするためにも、間違った借入をしないよう、充分に注意しなければなりません。キャッシングやカードローンは、決して恒常的に利用するべきサービスではありません。恒常的に利用するということは、収入と支出のバランスが取れていないことを表します。

急な出費で足りない時に借りるようにして、常に借入額がいくらあるか、把握しておくことが大切です。例えば今どうしても欲しい家電があるが、来月の給料日までどうしても待てない、というような場合に利用すると便利です。1か月や2か月では金利もさほど大きくはなりません。

わずかな金利で便利な商品が早く手に入るなら、利用する価値は大きいでしょう。給料が出たらすぐに返し、また急な出費が発生した時には頼る、というのが理想です。

消費者金融の種類

消費者金融は大きく分けて以下の3つに分類できます。

  • 大手消費者金融・・・アコム、プロミス、アイフル、レイク、モビット等
  • 中堅消費者金融・・・フクホー、ライフティ、ユーファイナンス、キャレント他、多数
  • 零細消費者金融・・・各地方の個人経営の金融業者

当然、低金利で利便性の高いのは大手の消費者金融になりますので、問題がなければ大手を利用すべきです。

消費者金融を利用できる条件

消費者金融は誰でも利用できるというわけではありません。以下の条件を満たしていることが必要です。

  • 安定した収入のある人(無職は不可)
  • 20歳以上(上限年齢は各金融業者によって異なります)
  • 信用情報機関の事故情報に登録されていない人(過去5年以内に自己破産をしている人は不可)
  • 借金総額が年収の三分の一を超えていない

借入審査とは

消費者金融でキャッシングをする際には、必ず借入審査があります。返済能力有無を判断されるわけですが、これは各金融業者毎に審査基準は異なってきます。

審査の際に提出する物は、身分証明(免許証、保険証、住民基本カード、パスポート等)、金額によっては収入証明が必要になってきます。web申し込みの場合、画像で送付するので身分証明をカメラがスキャナで撮って画像化しておくと素早く手続きができます。

借入審査に通らない理由

金融業者からお金を借りるということは、消費者金融と個人とが金銭賃借契約を締結するということです。つまり両社の思惑が一致してこそ契約が成立するわけで、どちらかの都合で一致しなければ契約は成立しません。

融資の申し込みをしたにもかかわらず、審査に通らなかったという人は、この契約が成立しなかったということです。

契約成立に至らなかった理由の例をあげてみると、だいたい以下のようになります。

  • 他社からの借入が多い(多重債務)
  • 収入が少ない(返済能力不足)
  • 信用情報機関のデータに問題(過去に自己破産をしている)

その他にも、携帯電話料金を滞納していたり、借入先の返済の滞納を繰り返していたりすると、信用情報機関のデータに事故情報として登録されていますので、審査で落とされる可能性があります。

もしも信用情報機関のデータが気になる人は、情報開示請求をすることで閲覧することが出来ます。

最終更新日 2018/11/14